事業内容

沿革

創業35年 写植機から始まり、現在は積極的に新技術に取り組んでおります。

1973年
(昭和48年)
ナミカワ写植設立
写植機による版下作成
1975年
(昭和50年)
印刷機導入
版下から印刷まで制作
1977年
(昭和52年)
製版カメラ導入
版下/製版/印刷まで制作
1982年
(昭和57年)
無線綴製本機導入
版下から製本まで一貫生産開始
1983年
(昭和58年)
ワードプロセッサー導入
1985年
(昭和60年)
半自動印刷機導入
1986年
(昭和61年)
パーソナルコンピューター(NEC/PC-9801)による活字プリンタ出力を開始
1987年
(昭和62年)
業務拡張の為、四日市赤堀南町へ移転
組版機(EZPS)導入により、文字/図版の同時処理を開始
1990年
(平成2年)
MacintoshによるDTP開始
中綴製本ライン導入
1991年
(平成3年)
2月8日 有限会社ナミカワ設立
1992年
(平成4年)
業務拡張の為、印刷/製本部門を移転
イメージセッタ導入 データから印刷/製本のフルライン化達成
1994年
(平成6年)
四日市商工会議所、時短推進パイロット企業に選ばれる
WindowsによるDTP開始
1996年
(平成8年)
会社組織を有限より株式へ改組
業務拡大のため現住所へ移転統合
1997年
(平成9年)
4色印刷機導入
1999年
(平成11年)
オンデマンド印刷開始
2000年
(平成12年)
オンデマンド印刷機(ドキュテック)導入
生産システム導入
2001年
(平成13年)
ISO14001認証取得、
CTP導入、無線綴機連結装置導入
2002年
(平成14年)
代表者交代 代表取締役 並河英幸
2003年
(平成15年)
創業30周年
2004年
(平成16年)
紙版CTP導入
2005年
(平成17年)
菊半裁6枚羽折り機導入
2006年
(平成18年)
能書折り機(ミニバリアブル)、マイクロミシン機、菊半裁2色印刷機、
穴あけ機、モノクロ高速オンデマンド機、 AVANAS、顔料大判インクジェット導入
2008年
(平成20年)
高速ドキュメントスキャナ導入
2010年
(平成22年)
シールオンデマンド印刷機増設
2012年
(平成24年)
菊全判折機・高速12鞍無線綴じライン導入
高速カラーオンデマンド機導入
2013年
(平成24年)
創業40周年
立体平面印刷UV-LEDプリンター導入

PageTop