事業内容

高精密印刷 事例[極小ピッチの方眼紙]

0.25mm間隔の方眼紙を精密機械の設計現場向けに使用

一般に市販されていない「間隔」の方眼紙を作成出来ます。今回の事例では、「0.25mm間隔」の方眼紙を作成しました。工業製品の検査治具として利用されるということでした。水平垂直に交差しているだけですから高精密印刷の効果を実感できませんが、30度ごとに角度の付いた罫線や円形の罫線のような場合、高精密FMスクリーニング印刷が効果を発揮します。

関連情報
オンデマンド印刷
高精密FMスクリーン印刷
技術・設備紹介
設備紹介

お問い合せ

PageTop